氷酢玉ねぎの作り方!酢玉ねぎより長持ちするだけでなく、効果もアップ!?

Sponsored Link

氷酢玉ねぎとは

以前から健康効果があると注目されていた酢玉ねぎの進化版、「氷酢玉ねぎ」。サタデープラスやあさチャンなどでも紹介されて話題になりました!

酢玉ねぎよりも保存が効くだけでなく、効果もアップするんです。

Sponsored Link

氷酢玉ねぎとは?

文字通り、酢玉ねぎを凍らせたものです。酢玉ねぎはダイエットや健康にさまざまな効果があるといわれています。(酢玉ねぎの効果はこちらへ)

ですが、漬けてから数日たたないとおいしくない、日持ちも1週間から10日間と長くはありません。

氷酢玉ねぎは酢玉ねぎよりも簡単に作れて、手軽に使え、日持ちもする!と使い勝手がいいんです。

しかも、消化吸収力もアップしています!酢玉ねぎが続かなかったという人もこれなら続くかもしれませんよ!

氷酢玉ねぎの作り方

今回はサタデープラスで紹介された作り方を紹介しますね!

<< 材料 >>

  • 玉ねぎ:大2個(約500g)
  • ハチミツ:100g
  • 酢:150ml

<< 作り方 >>

  1. 玉ねぎの皮をむき、ヘタを取り、4等分にする
  2. ミキサーに玉ねぎと調味料を入れて撹拌する
  3. 製氷皿に入れて一晩凍らせる

これだけでOKです!ミキサーで撹拌することで、玉ねぎの消化吸収もアップするんですよ!冷凍すると効果が薄れそうな気がしてしまいますが、吸収がアップするなら効果もアップしそうですよね!

普通の酢玉ねぎは2~3日後が食べごろだといわれていますが、これなら1日で食べられるのがうれしいですね。

冷凍したものは冷凍庫で2カ月保存が可能。1週間以内に食べきれる分は凍らせないで冷蔵保存してもOKです。

完全に凍ったら、製氷皿から出してジップロックなどに入れて保存することができますよ。こうしておけば使いやすいですね!

すでに酢玉ねぎを食べている方は今のレシピでスライスではなく撹拌し、冷凍してもよいかもしれません。

より効果をアップさせるには・・・

お酢と玉ねぎにこだわるとより効果がアップした氷酢玉ねぎを作ることができます。こちらもサタデープラスで紹介されていました。

お酢でおすすめなのは「黒酢」。味がまろやかで食べやすいだけでなく、栄養価も高いんですよ!

そして玉ねぎは「新玉ねぎ」がおすすめ。普通の玉ねぎよりも水分が多く、甘みが強いので食べやすいです。しかもミネラルも豊富なんですよ!新玉ねぎが手に入る時期はぜひそちらで作ってみてください。

酢玉ねぎの食べ方

酢玉ねぎの食べ方

酢玉ねぎは一般的な製氷皿で作った場合、1日3粒でOKです!酢玉ねぎですとグラムになっているので量が分かりにくいですが、3粒というのは明確でいいですね。

食べ方はドレッシング混ぜたり、味噌汁やスープに入れたりと活用できます。アレンジレシピはこちらで詳しくご紹介しています。

血液サラサラ効果を期待するのなら、加熱しないで食べることをおすすめします。詳しくはこちらの記事(酢玉ねぎは加熱しても大丈夫?)へ。

まとめ

氷酢玉ねぎは酢玉ねぎをより手軽にしたものです。それでいて効果アップも期待できるのでうれしいですよね!

酢玉ねぎをやってみたけれど、なかなか続かなかったという人でも続けやすいのではないでしょうか。試してみてください!

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ