甘酒を使ってダイエット!断食の心強い味方!

Sponsored Link

甘酒を使ってダイエット!断食の心強い味方!

 

私たちが生命を維持するために欠かすことのできない食事を意図的に断ち切り、体に蓄えられたエネルギーだけ生活する行為を断食と呼びますね。断食を行うことで新陳代謝の活性化・便秘の解消を狙うなど美容のための行為としても一般的となっています。

そんな断食に、甘酒の力を加えるとどうなるのか気になりませんか?今回は、甘酒を使った断食のやり方についてご紹介します!何も食べられないというのは過酷なものです。甘酒を使って効率よく、精神的にも負担をかけない断食をしてみませんか?

Sponsored Link

 

断食による恩恵

断食とは”あえて何も食べない”という修行のような行為ですが、健康や美容に良い影響を与える不思議な行為でもあります。具体的に挙げていきますと・・・

  • 内臓に休息を与える・・・人間の体は我慢強くできており、少々の負荷をかける程度で音を上げることはありません。しかし、無理が積み重なればダメージも蓄積され病気へと繋がってしまいます。断食を行うことで消化器系が負った日頃のダメージを癒す時間を作ることになるのです。
  • 脂肪の燃焼・・・現代は美味しくて栄養価に富んだ食べ物で溢れている時代ですから、体にたくさんのエネルギーを蓄えています。余ったエネルギーは脂肪になるため、断食によって余分な脂肪を燃焼するという効果も期待できます。
  • デトックス・・・食の安全のために使われている化学物質が知らず知らずのうちに体内に溜まっていき、これが活性酸素となって私たちの体を傷つけていくのです。断食を行うことで体に蓄積された毒素や老廃物を排出します。
  • 抵抗力の向上・・・食事を摂らないことが体の抵抗力を向上させます。人体が「栄養が足りていない」と判断すると、病原体から体を守るために白血球の数を増やしてくれるのです。

断食とは”体をリフレッシュさせる行為“という認識で良いでしょう。

 

甘酒を使った断食

断食は基本的に絶食する行為ですが、今回は甘酒を活用した断食がテーマなのでこれで良いのです!

初めて断食を行う方に、いきなり水だけで1日過ごせと突き放すのは酷なものです。そんなときのために食事を甘酒のみに置き換えるプチ断食という方法があります。

まずは週末のみ行うプチ断食が良いでしょう。200mlの甘酒のみで夕食を済ませるというのが負担も少なく手軽にできると思います。断食に味をしめてきたら、週末の3食を甘酒のみにしてみるのも良いでしょう。

ポイントは60℃程度に温めた甘酒を飲むことです。冷たいままでは胃腸に負担をかけるため、断食のメリットを損ないかねません。また、一日あたり200mlを目安にして飲んでください。

甘酒のプチ断食のメリット

甘酒を使ってダイエット!断食の心強い味方!

 

甘酒は別名”飲む点滴”とも呼ばれる、とても栄養価に優れた飲み物です。ビタミンB1・B2をはじめとしたビタミンB群、ブドウ糖、食物繊維、オリゴ糖、複数種のアミノ酸などと、軽く挙げるだけでもこれだけの数になります。この栄養達が様々な手助けをしてくれるはずです。

  • 甘酒の役割その1.甘酒に含まれるブドウ糖は、満腹感を与えると共に脳や筋肉の働きを支えるエネルギーとなります。空腹感は辛いものですし、エネルギー不足による脱力感や思考力の低下は生活に悪影響を及ぼしかねません。そのデメリットを極力和らげるのが役割の一つ目。
  • 甘酒の役割その2.食物繊維とオリゴ糖には便通を改善する効果があります。便通の改善によって体の代謝能力を活発にすることができるのです。活発になった代謝によって脂肪の燃焼も促されるので、便通の改善はダイエットの成否に関わってくるでしょう。
  • 甘酒の役割その3.断食に甘酒を使うことで、断食中のストレス軽減効果もあるはずです。空腹感を和らげることもそうですが、適度に甘いものを摂ることで精神的な安定をもたらすことになります。甘酒を使った断食ならではの利点でしょう。

 

まとめ

完全な断食ではありませんから、本来の断食で期待できる効果は薄れるかもしれません。しかし、甘酒を使ったライトな断食でもダイエット効果は十分に出てくることでしょう。

まずは週末の1日を使って試してみてはどうでしょう?少し生まれ変わった気分を味わえるはずですよ!

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ