甘酒のアルコールの飛ばし方講座!お子さんも交えて楽しく飲もう!

Sponsored Link

甘酒のアルコールの飛ばし方

甘酒を飲む場面として、初詣やひな祭りがありますね。どちらもお子さんが参加・主役になる大切な行事です。そんなおめでたい行事にケチを付けてしまうような失敗は避けたいことでしょう。

今回は、お子さんでも甘酒が安心して飲めるように、甘酒のアルコールの飛ばし方をお教えしましょう!アルコールを飛ばせば妊娠中や車の運転を控えている状況でも安心して飲めます。大事な家族を守るためしっかりと覚えておきましょう!

Sponsored Link

甘酒のアルコール

今回はアルコールの飛ばし方をテーマとしていますが、すべての甘酒にアルコールが含まれているわけではありません。実は、米麹をベースに作られた甘酒にはアルコールが入っていないため、アルコールを飛ばす過程が必要ないのです。

対して、酒粕を使用した甘酒には酒粕自体にアルコールが入っているので甘酒となった状態でも微量なアルコールが残っています。つまり、ご紹介するアルコールの飛ばし方は酒粕ベースの甘酒を飲む際に有効なテクニックです。

参考:甘酒ってお酒?アルコール度数はどれほどなのか!

アルコールの飛ばし方

普段のお料理にお酒を使う場面は多々あると思います。その際、アルコールを飛ばすために火にかけていますよね?甘酒のアルコールの飛ばし方も火を使うだけの簡単な一手間で終わらせられるのです。

酒粕を使った甘酒を作る過程で、しっかりと沸騰させて時間をかけて煮込めば”ほとんどのアルコール”は飛んでしまいます。しかし、それでも微量なアルコールが残ってしまうので”あるもの”を使用しましょう。

より綺麗にアルコールを飛ばす方法

甘酒のアルコールの飛ばし方講座!お子さんも交えて楽しく飲もう!

微量とはいえ、アルコールが残ってしまっては不安も残ってしまうでしょう。そこで秘密のアイテムである”あるもの”の出番となります。その”あるもの”とは日本酒です。アルコールを飛ばすためにアルコールを使うという、毒を以て毒を制すような手段を講じます。

やり方は、

  1. 鍋に甘酒(または酒粕)と日本酒を入れてよく溶かします。
  2. 鍋を火にかけて沸騰させます。
  3. 沸騰した甘酒にマッチやライターで火をつけアルコールを燃焼させます。
  4. 火が燃え尽きたらできあがりです。

これでほぼ完全にアルコールが飛んでいるはずです。気化したアルコールに火をつけて燃え尽きさせるわけですから、視覚的にもアルコールが飛んでいることがわかりやすい方法です。くれぐれも火の取り扱いには気をつけてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?ちょっとした工夫と一手間でアルコールを取り除くことができてしまいます。それだけで安心して飲めるわけですから、必要に応じてやってみてくださいね!

手間をかけずに甘酒を飲みたいという方には米麹をベースとした甘酒をオススメします。完全にノンアルコールですし、酒粕ベースの甘酒に比べて癖も少なくてお子さんでも飲みやすいはずです。

甘酒には健康と美容に良い成分が豊富に含まれているので、毎日摂取することが望ましいです。安心して飲める状況を作って、甘酒を日々の生活に組み込んでみてくださいね!

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ