甘酒のアルコールは妊娠中や授乳中でも大丈夫?子どもの健康を守るための知識

Sponsored Link

甘酒のアルコールは妊娠中や授乳中でも大丈夫?子どもの健康を守るための知識

新しい命を授かることは、めでたくてとても素敵なことですね。その反面、お腹に宿した命を守るために食生活に気を配ったり、家事や労働による負担・ストレスをかけないようにと様々な苦労を伴う大変な時間をすごさなければなりません。

無事に生まれてからも、気を遣う格闘の日々は終わりません。今回は、”妊娠中・授乳中に甘酒を飲んでも大丈夫なのか”というお話をご紹介します。

お子さんのために自分自身の健康も維持しなければなりません!正しい知識を持って甘酒を飲んでいきましょう!

Sponsored Link

甘酒のアルコール濃度

甘い”酒”と書くわけですから、アルコールを連想してもおかしいことではありません。妊娠中や授乳中といった安全に対して神経を集中しているタイミングでは尚更でしょう。

ですが、甘酒すべてにアルコールが入っているわけではありません。砕いて書くと種類によってアルコールの有無が分かれるのです。

 

米麹をベースとした甘酒はアルコール度数0%。まったくアルコールは含まれていません。これは水やジュースなどと同じ認識で問題ないです。

対して、酒粕をベースとした甘酒にはアルコールが含まれていることがあります。アルコールといっても基本的には微量で、アルコール度数1%未満のものがほとんどです。アルコール度数1%未満は、日本の基準では清涼飲料となるため”お酒”とは違います。

厳密にはお酒ではありませんが、やはりアルコールの存在があっては安心して飲めないですよね。

アルコール度数1%未満の影響

様々なことに気をつけて子どもの成長を見守っている中で、ちょっとした不注意や知識不足で大変な目に遭ってしまうことは避けねばなりません。たかがアルコール度数1%未満といえど、アルコールが入っているわけなので大丈夫なのでしょうか?

 

妊婦さんが摂取した低濃度のアルコールは、胎児性アルコール症候群(低体重、顔の奇形、脳への障害)を引き起こすリスクがあります。治療法もなく、妊娠中のどの時期でも生じてしまうおそれがありますから完全な断酒を心がけてください。

参考:胎児性アルコール症候群について:e-ヘルスネット

 

授乳中のアルコールの摂取も同様に気をつけなければなりませんが、妊娠中ほど強い影響がでないため、缶ビール1本(350ml)程度ならストレス解消にもなって良いとされています。そのため、甘酒200ml程度なら全然問題ありません。授乳直後に飲むのがおすすめです!

参考:母乳育児の不安 花王 赤ちゃん相談室

大切な命を育むための支えとなってくれる甘酒の力

甘酒のアルコールは妊娠中や授乳中でも大丈夫?子どもの健康を守るための知識

妊娠中に酒粕ベースの甘酒を飲むことは厳禁ですが、アルコール度数0%の米麹ベースの甘酒なら問題ありません。

むしろ飲んだほうが良いでしょう!甘酒にはたくさんの栄養が詰まっており、妊娠中・授乳中の健康を維持するため役立ってくれるからです。

その一つが便通の改善効果です。妊娠後期は大きくなった胎児に胃や腸が圧迫されて便秘がちになってしまいます。便秘は栄養の吸収を妨げてしまい、ひいては食欲の増加を招きます。これが肥満につながっていくわけですから、決して軽視できませんね。

甘酒に含まれるオリゴ糖には整腸作用がありますから、圧迫されて満足に働けない胃腸の活動をサポートしてくれます。

 

更に、甘酒には授乳中の方にも恩恵があるのです!

甘酒にはビタミンB群も豊富に含まれています。ビタミンB群には疲労回復効果があり、家事に育児にと休む暇がないママさんの強力な味方になることでしょう。

薬や栄養ドリンクに頼らず、無添加で作られた甘酒を飲んでみてください!

まとめ

子どもの成長を見守る日々は大きな幸福感がありますよね。その幸せを守るためにアルコールの摂取を控えるという代償があります。

しかし、正しい知識を持って甘酒を飲めば、あなたとお子さんの健康を守ってくれる心強いサポーターとなってくれます。

妊娠中は米麹の甘酒、授乳中は気をつけていれば酒粕ベースのものでもOK!成長したお子さんと甘酒を飲めるようになる日まで頑張ってくださいね!

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

One Response to “甘酒のアルコールは妊娠中や授乳中でも大丈夫?子どもの健康を守るための知識”

  1. […] の奇形、脳への障害)を引き起こすリスクがあるんだそうです。 治療法もなく、妊娠中のどの時期でも生じてしまう恐れがあるので、完全にお酒断ちがよさそうですね。 参考:彩食健味 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ