甘酒ってお酒?アルコール度数はどれほどなのか!

Sponsored Link

甘酒に含まれるアルコール度数ってどのくらい?

初詣やひな祭りなどで振る舞われることでお馴染みの甘酒ですが、”酒”の文字が入っているわけですからアルコール飲料というイメージをしてしまう方もいらっしゃることでしょう。

今回は、甘酒がどういうカテゴリーの飲み物なのかという視点からアルコール度数のお話をご紹介していきます!車の運転を控えている状況や、お子さんに飲ませたいという方にとってはアルコールの存在は気になることでしょう!お見逃しなく!

Sponsored Link

甘酒の種類

甘酒は、使われる素材の違いから2つの種類に分けられています。一つが米麹を使った甘酒。もう一つが酒粕を使った甘酒です。

現在、美容と健康に良いという点から注目が集まっているのが米麹ベースで作られた甘酒です。米麹とお米を使って作られ、ほとんどの商品は糖分を使わず素材から生まれる甘みが味わえるのが特徴です。

対する酒粕ベースのものは、缶やパックを開封すればすぐ飲めるというのが特徴で、スーパーやコンビニでよく見かけるタイプのものです。こちらは砂糖などを加えて甘みを付け足しています。

同じ甘酒とはいえ、使われる素材が違うため性質も異なっています。

それぞれの甘酒のアルコール度数は?

甘酒ってお酒?アルコール度数はどれほどなのか!

それでは本題であります、甘酒のアルコールについてのお話です。

米麹ベースの甘酒の作り方は、実は日本酒を作る手順とかなり似ています。乱暴に言えば、”途中で酵母を入れるかどうか“の違いしかありません。しかしその違いによりアルコール度数0%を実現しています。

それとは逆に、酒粕を元に作られる甘酒には”1%未満の”微量なアルコールが含まれています。これは酒粕自体に8%程度のアルコールが入っているためです。わかりやすく具体的な数字にしますと、甘酒200mlはアルコール度数5.5%のビール78mlと同じアルコール量になります。

甘酒として販売されている市販の甘酒飲料は基本的に清涼飲料として扱われるため、お酒ではありません。ですが、粕汁を飲んだだけで飲酒運転として検挙されたケースがありますから、酒粕を使っている甘酒を飲む際はアルコールを含んでいることを意識しておきしましょう。お子さんに与える際も注意してくださいね!

甘酒の種類 アルコール度数
米麹ベースの甘酒 0%
酒粕ベースの甘酒 1%未満(微量のアルコールを含む)

まとめ

“酒”の文字が入っていますが、酒粕ベースの甘酒でも、基本的にアルコール度数は1%未満のため清涼飲料カテゴリーに分けられています。そのためお子さんに飲ませることも合法ですが、体質によっては酔っ払ってしまうこともあるでしょう。車の運転を控えている際も気をつけて飲む必要があります。

車で祭りなどの行事を訪れ、振る舞われている甘酒を飲むときはアルコールの有無を確認すると良いでしょう。「わからない」というような不明瞭な返事をもらった場合は飲まない方が良いかもしれません。

その点、米麹のみで作られる甘酒は完全にアルコールがありませんから、どなたでも安心して飲めます!甘酒は体に優しく、美容や健康を支えてくれる素敵な飲み物です。今回知っていただいた知識を活かして家族で楽しんでくださいね!

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ