甘酒の効果は朝と夜で違う?ダイエットのためならどっちがいい?

Sponsored Link

甘酒の効果は朝と夜で違う?ダイエットのためならどっちがいい?

 

「飲む点滴」ともいわれるほど栄養価が高く、注目を集めている甘酒。健康習慣に取り入れている人も多いですよね。

あなたは甘酒をいつ飲んでいますか?じつは、甘酒を飲む時間によって効果が変わってくるのです。どんな効果を求めるのかによって朝と夜で飲み分けてみてください!

Sponsored Link

甘酒にはどんな効果があるの?

甘酒といえば今まではお正月や雛祭りなどに飲むものというイメージがあった人が多いと思います。ですが、最近その栄養価の高さが注目され、夏でも市販の甘酒を見かけるようになりました。

じつは、夏に甘酒を飲むようになったのは今に始まったことではありません。江戸時代には夏バテ防止として甘酒を飲む人が多かったとか。昔から健康のために飲む人が多かったんですね。

健康にいいといわれる甘酒。実際にはこんな効果が期待できます。

  • ダイエット (ダイエット効果について詳しくはこちら
  • 便秘解消
  • 美肌
  • 美髪
  • 疲労回復 (疲労回復、夏バテ防止効果について詳しくはこちら
  • ストレスの軽減

どれもうれしい効果ばかりですね。

でもどうせなら甘酒の効果を最大限に活かしたいところです。それには飲む時間に秘密がありました。

甘酒は飲む時間によって効果が変わる?

朝と夜、飲む時間によって甘酒の効果は変わる

甘酒には様々な効果がありますが、より効果を得るためには、飲む時間にもこだわってみましょう。朝飲むのと夜飲むのとでは期待できる効果が違ってくるんです!

朝の甘酒効果

朝、甘酒を飲むとダイエット効果がアップします。甘酒はエネルギー源になるので朝一番で飲むことで基礎代謝がアップし、痩せやすい体に導いてくれるのです。

置き換えダイエットにすればよりダイエット効果はアップしそうですよね!

また、ダイエット中は夜にカロリーを摂取するのは控えたいですので、そういった意味でも夜よりも朝の方がおすすめです。

甘酒はコップ一杯。温めて飲むとより効果が高いのでおすすめです。

夜の甘酒効果

では、夜飲むとどんな効果があるのかというと、疲労回復や美肌効果がアップします。

甘酒にはストレスを軽減する効果があります。夜寝る時には、副交感神経が優位に立つことでリラックスでき、ゆっくり眠ることができます。ですが、ストレスが溜まっていると昼活動するときに優位になっている交感神経が優位になったままで、なかなか寝付くことができない人も多いです。

当たり前のことですが、しっかり睡眠をとることは健康の第一歩です。しっかり眠らないと体は修復されず、疲れは残ったまま、肌のターンオーバーもうまくいきません。ですから、寝る前にストレスを緩和させることで睡眠の質が上がり、疲労回復や美肌効果が期待できるんです。

温めた甘酒を飲めば、よりリラックス効果がアップしますのでぜひ試してみてください。

まとめ

甘酒は朝飲むのと夜飲むのとでは期待できる効果が変わってくるんですね。とはいえ、中身が変わるわけではないので、朝飲んだらダイエットにしか効果がない、という訳ではありませんよ!あくまで、ダイエットに一番効果的なのは朝、ということです。

どうせ飲むのなら効果的な飲み方をしたいですよね!期待する効果によって飲む時間を変えてみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ