甘酒の夏バテ解消効果は本当?科学的に見てみよう!

Sponsored Link

甘酒の夏バテ解消効果は本当?科学的に見てみよう!

 

夏といえば海や山へ遊びに行ったり、花火大会や祭りといった催しが集中するレジャーが楽しめる季節ですね。楽しく遊ぶためには健康な体でいたいものですが、気温の高さは容赦なく私たちの体力と精神力を奪ってしまいます。

甘酒には夏バテという季節限定の症状を緩和してくれる効果があることをご存知でしたか?今回は、夏バテに立ち向かってくれる甘酒の力を科学的な視点から見ていきましょう!甘酒は寒い時期だけのものではありません!甘酒の力で夏をおもいっきり楽しみましょう!

Sponsored Link

 

本来は夏の飲み物?

甘酒といえば、ひな祭りや初詣といった寒さが堪える季節の飲み物というイメージをお持ちの方が多いはずです。しかし、歴史を振り返ると実はそうでもありません。

甘酒は古くから日本人に親しまれている飲み物ですが、江戸時代では夏の風物詩として人々に愛されていたのです。驚くべきことに、江戸時代から”夏バテ対策“として甘酒の販売が行われていたんですよ!

その効果を現代の科学力で検証してみるとしっかりと理にかなっているわけですから、技術大国日本というのは大昔から伊達ではなかったのですね!

 

なぜ夏バテに効果的なのか

甘酒には”これでもか“というほど夏バテに効く成分がたくさん詰まっています。

ビタミンB1・B2・B6、パントテン酸、ビオチン、イノシトールといったビタミンB群をはじめ、必須アミノ酸、ブドウ糖などなどと挙げればキリがありません。

  • ビタミンB群には脂質・糖質・タンパク質の分解やエネルギーの代謝といった人体の活動を支えてくれる働きがあり、暑さによって体力を消耗してしまった体を元気にしてくれる効果があります。
  • 甘酒に含まれる必須アミノ酸は人体に必要不可欠な9種を網羅しています。必須アミノ酸は体内で上手く合成することができず、経口摂取からでしか効率よく取り込めません。食欲が減ってしまいがちな夏場でも必須アミノ酸を取り込めるわけですから、これもメリットの一つです。
  • そしてブドウ糖。ブドウ糖はエネルギーとして私たちの体になくてはならないものです。筋肉を動かすエネルギー源としてはもちろん、脳の活動を維持するという大切な役割を担っており、夏バテによって低下した思考力や集中力を高めてくれる効果が期待できます。

 

  1. ビタミンB群で体を元気に!
  2. 食欲不振でも必須アミノ酸を摂れる!
  3. ブドウ糖で体や脳の活動を活性化!

 

オススメの飲み方

ただ氷を浮かべて飲むだけでも夏バテに十分効果がありますが、味にバリエーションが増えれば日々の摂取も楽しくできるはずです。そこでこんな飲み方をご提案しましょう!

甘酒のソーダ

甘酒の夏バテ解消効果は本当?科学的に見てみよう!

 

夏の飲み物といえば炭酸飲料は外せません。意外な組み合わせかもしれませんが、さっぱりとした口当たりになるため結構飲みやすいはずです!

材料

  • 甘酒・・・100cc
  • ソーダ・・・80cc
  • レモン汁・・・3滴からお好みの量で

作り方は簡単。甘酒とソーダを混ぜて、レモン汁を垂らせば完成です。レモンの酸味でグビグビ飲めるさわやかなドリンクとなっています。

 

まとめ

いかがでしたか?知ってか知らずか江戸時代の人々は夏に甘酒を楽しんでいたわけですが、現代の科学力で証明された夏バテに効く理由がご理解いただけたかと思います。

夏バテを乗り切って暑い中でもレジャーを楽しんでいただき、寒い季節には体を温めるために甘酒を飲んでくださいね!甘酒には健康と美容を支えてくれる熱いパワーが秘められていますよ!

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ