甘酒を飲んでダイエット!正しいやり方と量をお教えします!

Sponsored Link

甘酒を飲んでダイエット!正しいやり方と量をお教えします!

 

日本生まれの発酵食品として古くから人々に親しまれている甘酒ですが、現代ではその高い栄養価に注目され美容・健康に役立つドリンクとして利用されていますね。

今回は甘酒を使ったダイエットに取り組もうという方に、甘酒のダイエット方法をご教授します!きちんとしたやり方を覚えることがダイエット成功への近道です。しっかりとポイントを抑えてダイエットに取り組んでいきましょう!

Sponsored Link

 

ダイエットに向いた甘酒の種類

甘酒には大きく分けて2つの種類があります。米麹ベースの甘酒と酒粕ベースの甘酒です。この2つは材料が違うため異なる性質を持っており、ダイエットに利用するのはどちらでも良いという訳にはいきません。

ダイエットは毎日の積み重ねが成果に繋がるので、無加糖でアルコールの入っていない”米麹ベース“の甘酒を使いましょう!

 

甘酒を使ったダイエットのやり方

やり方と言っても、小難しいルールやこれといった準備も必要ないため意外と簡単です。最もお手軽にできるのが、”朝食を甘酒のみ“にする置き換えダイエット。温かい甘酒をゆっくり飲むだけです。

昼食・夕食は普段通りに摂ってもらって良いため、大きなストレスを感じることもなく続けていけるというのもメリットですね。

米麹ベースの甘酒にはブドウ糖が入っており、これが血糖値を上げてくれます。血糖値の上昇は満腹感へと繋がるので、甘酒だけでもお腹を満たした気持ちになれるのです。

間食を減らすために、何か食べたくなったらおちょこ一杯程度の甘酒を飲むというのも有効な手段でしょう!

 

甘酒の栄養成分による効果

甘酒は”飲む点滴“とも呼ばれるほど高い栄養価を持っているのが特徴です。その栄養がダイエットに対してどんな効果が期待できるのか気になりますよね。

  • 食物繊維とオリゴ糖・・・食物繊維とオリゴ糖は説明不要かと思いますが念のため。この2つには腸内環境を整える働きがあり、便通の改善を期待できます。便通の改善は”痩せやすい体質”への変化に繋がります。
  • ビタミンB群・・・甘酒にはビタミンB1・B2・B6をはじめとしたビタミンBが豊富に詰まっています。これらの働きによって糖質の分解が促進されるため、体の代謝能力を向上させることになります。また、ビタミンB2には美肌効果まで期待できるんですよ!
  • ビオチン・・・皮膚や髪の健康を維持するためにビオチンは欠かせません。ビオチンは甘酒にも含まれているので、ダイエット効果だけでなく美容効果も期待できます。

 

甘酒の一日の摂取量

甘酒を飲んでダイエット!正しいやり方と量をお教えします!

 

どんなに体に良いものでも、過剰摂取は健康被害を招くおそれがあります。甘酒も例外ではないため、きちんと摂取量を守って飲んでいただくのが最低限のルールです。

摂取量の目安は一日あたり200mlを推奨しています。朝食で一度に200ml飲むのも良いですし、朝に100ml、小腹が空いた時に少量ずつ飲むという方法も良いでしょう。あなたの生活スタイルに合わせて変えてみてください!

 

まとめ

いかがでしたか?簡単にまとめてしまうと”米麹ベースの甘酒を選んで量を守り毎朝に飲むだけ”。たったこれだけでダイエットになってしまうのです。しかも、ただ痩せるだけでなく肌や髪の毛の美しさにも貢献してくれるわけですから、甘酒は女性の強い味方といえるでしょう!

少しでも興味が湧いた方は甘酒ダイエットをはじめてみませんか?思い立ったが吉日ですよ!

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ