酢玉ねぎの作り方!リンゴ酢や砂糖を使ってもよいの?

Sponsored Link

リンゴ酢を使った酢玉ねぎ
酢玉ねぎは気になるけれど、酸っぱいのが苦手・・・。

という人もいるのではないかと思います。(実は私もお酢が苦手です)

普通のお酢ではなくリンゴ酢を使ったり、砂糖を加えたりすれば少し酸味が和らぎますよね。酢玉ねぎにリンゴ酢や砂糖を使ってもいいのでしょうか?

Sponsored Link

リンゴ酢を使っても大丈夫?

普通のお酢は苦手という人でもリンゴ酢ならフルーティなので少し食べやすいのではないでしょうか。

元々、ドリンクやマリネ、ドレッシングづくりにぴったりのお酢ですから酢玉ねぎにも合うんですよー!

酢玉ねぎはリンゴ酢を使っても作ることができますよ。しかも、リンゴ酢ならではのよいところもあるんです!

リンゴ酢の効能

リンゴ酢は飲みやすいけど、お酢の効能は減ってしまうんじゃないの?と思うかもしれませんがそんなことはありません!

リンゴ酢はお酢にリンゴを加えたものではなく、リンゴの果汁を発行してつくる醸造酢なんです。アメリカではお酢といえばリンゴ酢!というところもあるほどメジャーなものでもあります。

穀物を使っていないのでアミノ酸の量は少ないですが、他のお酢よりもカリウムがたっぷり。むくみ解消や高血圧予防に効果があるといわれています。お酢の種類によってもいろいろな特徴があるんですね!

リンゴ酢を使ったレシピ

リンゴ酢を使った玉ねぎ酢の作り方<< 材料 >>

  • 玉ねぎ:1個
  • リンゴ酢:200ml
  • 塩:少々(玉ねぎの2%)
  • ハチミツ:大さじ1

<< 作り方 >>

  1. 玉ねぎを洗って皮をむきスライスする
  2. 30分~1時間放置する
  3. 玉ねぎに塩を振りよく混ぜ、保存容器に入れる。
  4. リンゴ酢とハチミツを加えて混ぜる。
  5. 1晩以上冷蔵庫で寝かす。

普通のお酢を使ったレシピと変わりません。他のレシピのお酢をリンゴ酢にそのまま変えるだけでもOKです。リンゴ酢がフルーティな分、ハチミツの量を減らしてもOK!ダイエットにもよさそうですね。

リンゴ酢の場合、残ったお酢をそのままビネガードリンクにして飲んでもおいしいです! 残ったお酢の使い方はこちらもご覧ください。

砂糖を使った作り方は?

酢玉ねぎはハチミツが入っているものが多いですが、ハチミツを常備していない家も多いですよね。砂糖で代用できないのでしょうか。

答えは・・・できます!

ハチミツのところをそのまま砂糖に変えればOK!溶けにくいんじゃないの?と思うかもしれませんが、しっかり混ぜれば問題ありません

ハチミツの方が砂糖よりもミネラルなどを含んでいるので健康に良いイメージがありますが、そこまでの違いはないんです。カロリーはハチミツの方が若干低いです。

糖分で栄養価をプラスしたいのなら、黒砂糖を使ってみるのもおすすめ!黒砂糖にはハチミツよりもたっぷりミネラルが含まれているんです。カリウム、カルシウム、鉄分などを摂ることができますよ。

カロリーは、砂糖>黒砂糖>ハチミツですが、さほどの違いはありません。どれも摂りすぎは禁物です。ダイエット中の人は少な目で作った方がいいかもしれませんね。

まとめ

酢玉ねぎは「玉ねぎ」「醸造酢」「糖分」で出来ています。(塩が含まれるレシピも)

そのうちの醸造酢と糖分は好きなものに置き換えて作ることができます。微妙に味も変わってきますので色々な組み合わせでお気に入りのものをみつけてみてください!

酸味が苦手な人でもおいしく食べられるレシピも見つかるのではないでしょうか。

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ