酵素玄米の作り方は?簡単な炊き方ってあるの?

Sponsored Link

酵素玄米の作り方は?簡単な炊き方ってあるの?

玄米よりもさらに栄養価が高く、ダイエットにもいいと評判の酵素玄米。健康にいいだけでなく、食感もモチモチでおいしいと評判ですよ!

自宅の炊飯器でも炊けますので、作り方を見てみましょう。

Sponsored Link

酵素玄米の作り方

酵素玄米は特別なものではなく、普通の玄米を使って炊くことができます。今あるもので簡単に作れるのでトライしやすいのではないでしょうか。

基本の炊き方

<材料>

  • 玄米:4合
  • 小豆:50g
  • 塩:3g
  • 水:600cc+400~550cc

<作り方>

  1. 玄米と小豆をボールなどに入れ、水を入れて軽く2~3回洗う。
  2. 玄米と小豆を600ccの水に浸け、塩を加える。
  3. 泡だて器で3分間かき混ぜる。
  4. 水は捨てずにそのまま炊飯器の釜に入れ、さらに400~550ccの水を加え3時間以上浸水させる。(水の量はお好みで調整してください
  5. 玄米コースで炊飯する(ない場合は白米コースでOKだが、水を多めに450-550入れる)
  6. 炊きあがったら15分蒸らし、そこの方からかき混ぜる。
  7. 保温モードのまま3日以上置く。ただし1日1回かき混ぜる。

参照元:感動玄米

時間はかかりますが、工程は難しくないですよね。炊飯器に3日も置いたら固くなってしまいそうですが反対にもちもちになるんですよ!

また、白米は30分ほどで浸水しますが、玄米は中まで水分が行き届くまでに最低でも3時間はかかります。しっかり浸水していないとパサパサの炊きあがりになってしまいます。ふっくらした玄米を食べたいのであれば最低3時間は浸水したいですね。

味や効果が気になる方はこちら:
酵素玄米とは?ダイエット効果や口コミ、作り方をご紹介

 

もしくは発芽玄米・酵素玄米専用の炊飯器を使うのも一つの手です。

おすすめはこちら:
玄米・発芽玄米も短時間に美味しく炊けます!圧力炊飯器なら【なでしこ健康生活】

圧力をかけることで浸水、発芽までの時間を短くできます。夜寝る前にセットすれば朝には炊きたてが簡単に食べられますね。酵素玄米のレシピ本も付いてくるので、毎日食べるようなら専用の炊飯器を使うと便利でおすすめです。

 

出来上がったら10日以内に食べきるようにしてください。ただし、3~4日が一番おいしいという意見もありますので出来ればこの間に食べたいですよね。余ってしまった場合の保存方法は最後にご紹介しますね。

炊飯器以外でも作れる?

玄米は土鍋や圧力鍋で炊いているという人も多いと思います。酵素玄米は炊飯器以外の圧力鍋や土鍋でも炊くことができますよ。ただし、圧力鍋や土鍋には保温機能がありませんので、保温ジャーが必要になります。保温ジャーについては後ほどご説明しますね。

圧力鍋や土鍋での作り方はこちら:
酵素玄米の炊き方!土鍋や圧力鍋でも作れる?

簡単に作る方法は?

残念ながら酵素玄米は、短時間で作れるというような簡単な炊き方はありません。炊くまでは簡単ですが、3日間保温するというのがネックになりますよね。

保温ジャーがあると便利!

酵素玄米をずっと炊飯器で保温していると当然その間ご飯を炊くことができません。炊飯器が2台あればいいですがなかなかそういうお家は少ないですよね。

炊飯器を空けたいとき、酵素玄米を発酵させるのには保温ジャーが便利です。炊けた玄米を移し替えておけば炊飯器が空くので他のご飯を炊きたいときも使えます。

毎日酵素玄米を食べたいという人にはあると便利ですよ!保温ジャーは5000円程度から手に入ります。

おすすめの保温ジャーはこちらの記事でご紹介しています:
酵素玄米で電気代はどれくらいかかる?保温ジャーのおすすめは?

市販のものを利用するという手も

家で作るのはやはり大変、という人は市販のレトルト品もありますよ。温めるだけで食べられるので簡単ですよね!どんな味かちょっと試してみたいという人にもおすすめです。

人気の商品はこちらで紹介しています:
酵素玄米は通販でも買える?人気のレトルト商品は?

小豆は必要?

酵素玄米に小豆が入っている理由

酵素玄米のレシピを見ると、必ず小豆が入っています。小豆は何のために入っているのでしょうか?

なしでもOK

じつは、小豆を入れている理由は「おいしいから」だそうです。小豆が入ることでお赤飯のようになりますもんね。好きな方は多めに入れてもいいんですよ。

ですが、中には苦手という人もいると思います。苦手な人は少量にしたり、なしにしたりしてもOKです。続けることが大切ですので食べやすい形でOKです。

小豆を入れなくても酵素玄米の効果は変わりません。ただし、小豆にはビタミンやミネラルなど豊富な栄養が含まれています(参照)。ですから栄養補給になりますよ。嫌いでなかったら入れることをおすすめします。

他のものを入れてみるのもあり

小豆以外に、麦などの雑穀や、黒豆など他の豆類をいれて炊くこともできます。ただし、「小豆を入れないとモチモチにならなかった」「小豆が一番おいしい!」という意見もあります(参照

まずは小豆入りで炊いてみてから、他の雑穀を試してみてもいいかもしれませんね。

酵素玄米は冷凍しても大丈夫?

酵素玄米は冷凍保存可能か

酵素玄米は出来上がりまでに時間がかかるので、たくさん炊いて保存しておきたいという人も多いと思います。長期保存には冷凍がおすすめです。

他のご飯と同じように1回分ずつラップにくるんで冷凍しましょう。冷凍すれば1カ月程度保存が可能です。

ただし、電子レンジで解凍するのはNGといわれています。

電子レンジはマイクロ波という電磁波で食べ物の中の水分子を振動させることで熱摩擦を発生させて温めます。ですが、水分子だけでなく他の栄養素も振動させ、壊してしまうという説があります。また、酵素も破壊するといわれています。(参照

電子レンジに関しては諸説ありますが、酵素を摂取するのが目的の酵素玄米ならば、なるべく酵素がなくなるリスクは避けたほうがよいのではないでしょうか。

ですから、

  • 自然解凍(冷たくて美味しくないかも)
  • 蒸す
  • 袋に入れて湯煎する
  • 炊飯器の保温モードで2~3時間加熱する
  • 雑炊やチャーハンとして利用する

という食べ方がおすすめです。普通のご飯よりちょっと手間はかかってしまいますが、美味しく食べられますよ。

まとめ

酵素玄米は、玄米に小豆と塩を入れて炊いたものを3日以上保温したものです。時間はかかりますが自宅でも作ることができるのでぜひ試してみてはいかがでしょうか。

炊飯器が使えなくて困るという方は、保温ジャーがあると便利です。たくさん炊いたときは冷凍保存も可能です。

小豆が入っているのが基本ですが、入れなくても、他の豆や雑穀に替えてもOKです。健康やダイエットのためには続けることが大切ですので、食べやすいようにアレンジしてみてください。

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ