non gmo(gmo free)の表示の意味とは?体に影響はあるの?

Sponsored Link

non gmo(gmo free)の表示の意味とは?体に影響はあるの?

輸入品を扱うお店に行くと、商品に「non gmo」や「gmo free」という表示を見かけることがあると思います。これはどういう意味を表しているのかご存知ですか?

じつは、「non gmo」や「gmo free」とは、日本の食品でよく見かけるある表現と同じなんです。気にしている人も多いかもしれません。

今回は「non gmo」や「gmo free」の意味や、いいといわれている理由についてご説明していきます。

Sponsored Link

non gmo(gmo free)の意味

「non gmo」、「gmo free」「g-free」もしくは「contains no GMOs」と表示されているのは何を意味しているのでしょうか。日本製の加工食品でもよく見かけるものです。これは「遺伝子組み換え食品を含まない」ということを意味しているんです。

アメリカでは、加工食品の80%に遺伝子組み換え食品が使われているといいます。ちょっとびっくりですよね。遺伝子組み換え食品であるかどうかを気にする人は増えているのですが、アメリカでは「遺伝子組み換え食品を使っている」ということの表示義務はありません。

そこで「遺伝子組み換え食品かどうか知りたい」という消費者のニーズに合わせて表示されるようになったのが「non gmo」、「gmo free」なのです。ちなみに、日本の場合は遺伝子組み換え食品は表示義務があります

参照元:Herth Net medeia

遺伝子組み換え食品とは?

遺伝子組換え食品とは?

遺伝子組み換え食品というのは、名前はよく聞きますが、実際どんなものなのか知らないという人もいるかもしれません。

厚生労働省によると遺伝子組み換え食品とは、「他の生物から有用な性質を持つ遺伝子を取り出し、その性質を持たせたい植物などに組み込む技術(遺伝 子組換え技術)を利用して作られた食品」のことを指しています。

今までの品種改良は、トウモロコシなら同じトウモロコシの品種をいくつか掛け合わせたものでした。ですが遺伝子組み換えは他の生物の遺伝子も使用し、人工的に遺伝子を替えています。

例えば、トウモロコシに害虫の抵抗性のある遺伝子を組み合わせたり、ジャガイモに除草耐性のある遺伝子を組み合わせたりというように使用しています。こうした技術によって品種改良だけでは実現できなかった新しい品種を育てることに成功しています。

その他、特定の栄養素をアップさせた食品を作ることもできます。体に良くないイメージがあるかもしれませんが、メリットも十分にあるんです。

参照元:厚生労働省

体への影響はある?ない?

遺伝子組換え食品は体にとって安全?

遺伝子組み換え食品は、目的をもって作られたものです。中には健康に役立ってくれるものもあります。ですがその反面安全性も心配されています。体への影響はないのでしょうか?

日本では、安全性が確認できた遺伝子組み換え食品だけを製造、輸入、販売しています。

遺伝子を組み替えることによって起こる

  • どのような性質になるのか
  • その他の影響が生じる可能性はないのか

をしっかりチェックしているので、安心できるのではないでしょうか。検査の方法を詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

チェックの結果、実際に製造中止になったものもあります。大豆の栄養価を高めるためにナッツのDNAを入れたものがありました。ですがこちらはナッツのアレルギーを引き起こすリスクがあるということで開発中止になったそうです。

こういう話を聞くと、きちんと検査されているというのが分かりますよね。

参照元:厚生労働省

全く問題はないの?

現時点で安全性はしっかりチェックされている、とはいえ絶対に大丈夫とも言い切れない部分があると思います。

  • 長期的に摂取して大丈夫なのか
  • 遺伝子組み換え作物を作ることで他の生態系に異常が出ないのか

といったところが問題視されています。

また、体に悪影響はないとしても、自然のものそのままではないことも事実です。ですから、気になる方は「non gmo」や「gmo free」の食品を選ぶようにしてください。日本製のものは「大豆(遺伝子組み換え)」などと書いてあるものは選ば荷ようにしましょう。

まとめ

「non gmo」、「gmo free」、「contains no GMOs」というのは、「遺伝子組み換え食品は使っていない」ということを意味しています。

アメリカでは遺伝子組み換え食品の表示義務がないため、使用していないものが差別化を図るために表示するようになりました。日本では、「大豆(遺伝子組み換え)」といった表示が義務付けられています。

日本ではしっかり安全性の確認された遺伝子組み換え食品しか製造、販売、輸入が認められていません。ですから遺伝子組み換え食品でも安心して食べることが出来ます。

とはいえ、自然のものそのままではないというのも事実です。気になる方は「non gmo」、「gmo free」の商品を選ぶようにしてくださいね。

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ