カフェイン

カフェインを摂りすぎるとどんな症状が出る?めまいや吐き気をもよおすことも!

カフェインを摂りすぎるとどんな症状が出る?めまいや吐き気をもよおすことも!

コーヒーや紅茶が好きな人は毎日何杯も飲んでいると思います。カフェインの摂りすぎはよくない、というのは聞いたことがあると思いますが、飲み過ぎるとどのような症状が出るのでしょうか。

大量に摂取するとめまいや吐き気、不安、不眠などの症状が出ることもあるんですよ。カフェインを摂りすぎるとどうなるのかについて詳しく見ていきましょう。

カフェインを摂りすぎるとどうなる?

そもそもカフェインとは含まれる食品成分の一種です。コーヒーや紅茶だけでなく、コーラや栄養ドリンクにも含まれていますので知らず知らずのうちに摂りすぎてしまっていることもあるかもしれません。

「カフェイン=体に良くないもの」と考えている人もいるかもしれませんが、カフェインには

  • 覚醒作用
  • 解熱鎮痛作用
  • 利尿作用
  • 強心作用

などの効果があります。ですから体に毒になるものという訳ではありません。市販の鎮痛剤などに配合されていることもあるんですよ。(カフェインの効果について詳しくはこちら:カフェインの1日の目安量はどの位?適量なら体に良い効果も!

ですが、大量に摂取すると体に良くない影響があるというのも事実です。カフェインの過剰摂取による症状には以下のものがあります。

頭痛

カフェインには血管収縮作用があるため、頭痛の緩和に効果があります。ですが、大量に摂取し続けると反動で拡張し、頭痛を引き起こすことがあります。

吐き気

カフェインには胃液の分泌を活性化させる働きがあります。本来なら消化を助けてくれますが、過剰摂取すると胃酸や胃液が過剰分泌され、吐き気や胃痛を引き起こすことがあります。

集中力の低下・疲労

適量摂取する分には集中力アップの効果がありますが摂りすぎると逆効果です。カフェインを摂取すると中枢神経が刺激されて興奮状態になるため、集中力がアップし、疲労を感じにくくなります。ですが実際に疲労が取れたという訳ではないのでカフェインが切れると一気に集中力が下がったり、疲労を感じたりすることがあります。

カフェインを常に摂取していると脳に無理を続けさせることになります。中枢神経が興奮している時はドーパミンやセロトニンなどのホルモンが分泌されます。ですがカフェインが切れると反動で脳内ホルモンの分泌が低下し、軽いうつ状態になることがあります

大量に摂取するとカフェインが切れたときに反動でさまざまな症状が出る危険性があるということなんです。

他にもめまいやイライラなどの症状が現れることがあります。さらに悪化すると不整脈、不安、興奮、不眠、幻覚、ふるえなども引き起こします。適量飲む分には問題ありませんが、過剰摂取には注意が必要です。

カフェインの摂取量についてはこちらをご覧ください:
カフェインの1日の目安量はどの位?適量なら体に良い効果も!

参照元:NIKKEI STYLE

特に注意が必要な人は?

カフェインに気を付けたい人

カフェインの摂取に特に注意したいのは、妊娠中、授乳中の方や子供です。妊娠中や授乳中は胎盤や母乳を通して赤ちゃんも影響を受けるので注意しましょう。子供の場合は、コーラの飲み過ぎなどに気をつけたいですね。

その他に注意が必要なのは

  • カルシウム不足の人(骨粗鬆症のリスクが!)
  • 貧血の人(悪化する可能性が!)
  • 肝機能が低下している人(高血圧になる危険性)

などです。他には少量のカフェインでも症状が出やすいカフェイン過敏症という人もいます。非常にまれなケースですがカフェインアレルギーという人も存在します。少量でも体調が悪くなる人はカフェインの摂取を控えるようにしましょう。

それでもコーヒーや紅茶が飲みたいという人は、カフェインの少ないデカフェを飲むのがおすすめです。

デカフェについて、詳しくはこちらでご説明しています:
デカフェ・カフェインレス・ノンカフェインの違いって?カフェイン量を気にするのなら知っておきたい!

参照元:ヘルスケア大学

まとめ

カフェインは適量摂取すれば体に良い効果もありますが、過剰摂取は禁物です。カフェインを摂りつづけていると切れたときに頭痛、鬱、集中力の低下などさまざまな症状が出る危険性があります。

とくに、妊娠中や授乳中の人、子供、カルシウム不足、貧血、肝機能が低下している人は摂取に注意しましょう。

カフェインの目安摂取量についてはこちらで詳しく説明しています。妊娠中や子供の目安量も紹介しているので参考にしてください:
カフェインの1日の目安量はどの位?適量なら体に良い効果も!

まれに、摂取しているのは適量でも体に不調が出るカフェイン過敏症やカフェインアレルギーの人もいます。少量でも不調が出る場合は接種を控えるようにしましょう。

カフェインの少ないものに切り替えるのもおすすめです。詳しくはこちら:
デカフェ・カフェインレス・ノンカフェインに違いはあるの?

error: Content is protected !!