ココナッツオイル

ココナッツオイルを選ぶならどれ?おすすめのメーカーは?

ココナッツオイルのおすすめメーカーは?

ダイエットや健康、スキンケアなどにもいいとココナッツオイルがブームになっていますよね!

以前は輸入物を扱っているお店やネットでしかなかなか手に入りませんでしたが、今は一般のスーパーでも手に入るところが増えています。簡単に手に入るようになったのはうれしいですが、種類が多いとどれがいいのか迷ってしまいますよね。

そこで、ココナッツオイルを選ぶコツとおすすめのメーカー5つをご紹介します!

ココナッツオイルの選び方は?

比較的簡単に手に入るようになったココナッツオイル。私は100円ショップで売っているのも見かけてびっくりしました。簡単に手に入るのはいいですが、品質に差はないのでしょうか?

中には「ココナッツオイル」という名前で販売されていても、他の油が混ざっていてココナッツオイルは少しだけという商品もあります。これでは期待している効果が得られないということもあるかもしれません。間違えてこのような商品を選ばないようにしたいですよね。

そのためには、ココナッツオイルの選び方を覚えておきましょう。

ヴァージンタイプを選ぼう!

ココナッツオイルには種類がいくつかありますが「ヴァージンココナッツオイル」と記載されているものを選びましょう。

ヴァージンオイルというのは、無添加で未精製という意味です。ココナッツオイルの場合は白い実の部分から水分を絞り出し、水とミルクとオイルに分離させて抽出したものです。精製したり、保存料を加えたりなど、化学処理を行っていないそのままのココナッツオイルということですね。化学処理を行っていないのでビタミンやミネラルなどの含有量が高く、抗酸化作用に優れているといわれています。

逆にヴァージンと記されていないものは化学処理を行っていて、有効成分が半減してしまっている可能性があります。また、添加物も含まれているのでココナッツオイルがどのくらいの割合で含まれているのか分からないことも。中には化学処理を行っておらず安心して使える未精製タイプのものもありますが、明確な基準がないので探すのはなかなか難しいと思います。そういった意味でもバージンタイプを選んだほうが分かりやすいでしょう。

また、ヴァージンココナッツオイルは精製したものに比べて長持ちするというメリットもあります。同じオイルでもオリーブオイルなどは未精製ですと酸化しやすくなってしまいますが、ココナッツオイルは飽和脂肪酸が多いので酸化しにくいのです。精製したものよりも長持ちするというのは嬉しいですね。

ただし、肌が弱い人やアレルギーのある人は有効成分が豊富過ぎることで刺激になってしまうケースもあるそうです。肌が弱い人は少量から様子を見て使うようにしてください。

エクストラヴァージンとは?

さらに「エクストラヴァージン」というココナッツオイルもあります。「エクストラ」というのはさらに高品質なもののことです。だったらヴァージンではなく「エクストラヴァージンを選んだほうがいいのではないか、と思われるかもしれません。ですが日本ではバージンココナッツオイルとエクストラヴァージンココナッツオイルの明確な違いや基準がありません

エクストラヴァージンだから絶対に品質がいいという訳ではないので注意しましょう。品質の良いものを選ぶためには他の項目もチェックしましょう。

他の項目もチェック!

ココナッツオイルを選ぶときはヴァージン以上のものはもちろん、他にもこんな項目をチェックしてみましょう。

  • 中鎖脂肪酸60%以上
  • コールドプレス(低温圧搾)製法
  • 有機栽培

というのが選ぶ基準になってきます。中鎖脂肪酸というのはココナッツオイルの有用成分です。中には中鎖脂肪酸の量が記載されていないものもありますが、量が記載されていないというのはそれほど多くない可能性もあるので避けた方が無難です。

ココナッツオイルの効果効能について詳しくはこちら:
ココナツオイルの効能効果がすごい!ダイエットや美肌、糖尿病や認知症予防にも!

また、同じヴァージンオリーブオイルでも抽出方法はさまざまです。コールドプレス(低温圧搾)という製法は低温でゆっくりとオイルを抽出する方法です。高温で抽出する方法に比べ、ビタミンやミネラルなどの成分を残すことが出来るのでコールドプレス製法のものがおすすめです。

製法も記載されていないものがありますが、記載されていないということはコールドプレス製法ではない可能性が高いでしょう。

参照元:GMM Monthly Visitors

おすすめココナッツオイル5選!

それでは具体的におすすめのメーカーのココナッツオイルをご紹介しますね。ココナッツオイル選びの参考にしてみてください。

1.有機JAS認定 ココナッツオイル オーガニックエクストラバージンココナッツオイル 500ml

 

有機栽培のエクストラヴァージンココナッツオイルで、中鎖脂肪酸の含有量は61.69%です。高品質ながら500mlで1,380円(しかも送料も無料!)というお手軽さも嬉しいですね。

2.ココナッツオイル エキストラバージンココナッツオイル 【240g×1本】 有機JAS認定 オーガニック100%

こちらも有機栽培のエクストラヴァージンココナッツオイルです。240gですので、ココナッツの味が口に合うかどうか不安という人が初めて試してみるのにもよいのではないでしょうか。お得な3本セット、5本セットもありますので気に入ったらセット購入がおすすめです。

3.オーガニック・ココナッツオイル AngelBeanブランド 有機JASヴァージン 220ml

同じく、有機栽培のエクストラヴァージンココナッツオイルです。中鎖脂肪酸を最大64.8%と高配合しています。少量なのでお試し用にもいいかもしれませんね!

4.BUSINESSPEOPLE ,INC ココナッツオイル 500ml

 

フィリピンの政府も認めたというココナッツオイルです。中鎖脂肪酸のラウリン酸を53.8%と高配合しているのが特徴です。もちろん、オーガニックのエクストラヴァージンココナッツオイルですよ!

5.ココナッツエンジェル 75g

 

こちらはスキンケア用におすすめのココナッツオイルです。こちらもヴァージンタイプで無添加ですので、お肌の弱い方でも安心ではないでしょうか。

まとめ

ココナッツオイルの選び方と、おすすめのメーカーのものを紹介してきました。

ココナッツオイルの値段はピンキリですが、お値段は安めでもよいものはたくさんありますよ!高いほうがさらにいいような感じもしてしまいますが、続けられなければ意味がないですよね。きちんと続けられる値段かどうかというのも選ぶ基準に比較してみてくださいね!

error: Content is protected !!